fc2ブログ

読書の歴史

広島市の本通り商店街から本屋がなくなったというのがニュースになって、
もう数年経つでしょうか?

私は親が商売を営んでいた関係で、本通りで生まれ育ち、
研修医1年目まではずっと本通りの実家で生活していました。

私が子供の頃、本通りには廣文館、金正堂、積善館といった本屋があり、
毎日のようにそれらの本屋に入り浸っていました。
(家の斜め前にあったおもちゃ屋「マルタカ」にも文字通り毎日行っていましたが。)

今と違って、立ち読みに関してそれほど厳しくなかった時代、
マンガはそれらの本屋で立ち読みです。

比較的親に買ってもらいやすかったのは伝記です。
ニュートンやシュバイツァー、キュリー夫人などの伝記を読んでいたのが
読書の始まりでしょうか。

中学生になると、5歳上の姉の影響で、
家にたくさんあった赤川次郎を読むようになりました。
三毛猫ホームズシリーズや三姉妹探偵団シリーズ、おもしろかったですね。
自分で買って読んでいたのは、宗田理の「ぼくらの」シリーズ。
「ぼくらの七日間戦争」から始まるこのシリーズの主人公が、
ちょうど自分と同じ年代で、感情移入しやすかったのだと思います。

高校生になると、学校の図書室にあった推理小説をけっこう読みました。
アガサ・クリスティ、コナン・ドイル、エラリー・クイーンとかが多かったでしょうか。
友達に勧められて読んだ鈴木光司のリングはけっこう衝撃でしたね。
のちに映画化されたリングも見ましたが、原作の方が何倍も恐かったのを覚えています。

大学生になっても、ほとんどミステリーしか読んでいません。
綾辻行人、有栖川有栖、岡嶋二人、吉村達也、東野圭吾、宮部みゆき、などなど。
毎晩寝る時は枕元の電気スタンドをつけて本を読みながら寝るのが習慣。
友達と遊んで夜中の2時にフラフラで帰っても、
眠くて眠くて1ページしか読めなくても、毎日読んでいました。
当時は本を読みながらじゃないと逆に眠れなかったです。

社会人になってからしばらくは、忙しいのを言い訳にしてあまり本を読んでいなかった気がします。
子供に絵本の読み聞かせは毎日していましたが、
やはり自分の好きな本を読むのとは違います。
またよく読むようになったのは、子育てが少し一段落したこの3~4年でしょうか。

それまでほとんど読んだことのなかったビジネス書や一般教養書などもあえて読むようにしていますが、
やっぱり小説が単純に一番楽しいですね。

先日、家族が誰もいなくて1人でヒマな週末があり、ブックオフで2時間くらい過ごしました。
その時に購入した本のタイトルだけ最後にあげておきます。
全部1冊100円か200円です(今ちょうどドラマ化されている「元彼の~」を除いて)。

・元彼の遺言状 新川帆立
・ツバキ文具店 小川糸
・青い鳥 重松清
・悪人 吉田修一
・クジラアタマの王様 伊坂幸太郎
・植物図鑑 有川浩
・ルビンの壺が割れた 宿野かほる
・空中庭園 角田光代
・燃えよ剣 司馬遼太郎
・風が強く吹いている 三浦しをん
・サラバ 西加奈子

「燃えよ剣」は上下巻なのですが、
間違って下巻を2冊買ってしまったことに帰ってから気づきました(T_T)。

もう40年くらいいろんな本を読んできたことになりますが、
まだ人生を変える1冊には出会っていない気がします。
それどころか、愛読書と言える本もないような。

皆さんのお勧めの本があったら教えてください。

スポンサーサイト



開院11周年

本日、4月5日は当院の開院記念日です。

おかげさまで、開院11周年を迎えることができました。

コロナやウクライナの問題など、不安な情勢もありますが、
これからも日々がんばって診療して参りますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

【重要】 休診および診察時間変更のご案内

誠に勝手ながら、所用のため
3月1日(火)の午前中は休診とします。
午後(15時から18時まで)は通常通り診療いたします。

また、3月3日(木)は区役所で行われる精神保健福祉相談への出務のため、
午後の診療が15時30分からとなります。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

2022年が皆様にとって良い年になりますように、
微力ながら皆様と一緒に歩んでいければと思います。

新年は1月4日(火)から診療が始まります。

本年もよろしくお願いいたします。

令和3年まとめ

本日、12月29日をもって、令和3年の診療を終了いたしました。

今年も急な休診などなく、1年間無事診療を継続することができて良かったです。

本日、当院の受付スタッフの1人が諸事情により退職しました。
一生懸命勤めてくれて、患者さんからの評判も良かったので残念です。
何か頼むと「かしこまりました」とすぐ動いてくれました。
そんなにかしこまらなくてもいいのにとずっと思っていましたが、「かしこまりました」が聞けなくなるのは残念です。
新しいスタッフを迎えて、新年は1月4日(火)から診療を開始いたしますので、来年もよろしくお願いいたします。

以下は備忘録的な今年のまとめです。

コロナワクチン集団接種への出務14回。
クリニックの休診日を中心に、できるだけ協力させていただいています。
一般の方向けの接種は6月頃から本格的に始まったので、だいたい月2回くらいのペースでしょうか。
来年は3回目の接種も始まりますので、引き続き協力していきます。

講演25回。
コロナ禍でインターネット配信の講演が多いですが、今年もけっこう講演をさせていただきました。
講演は、最新の医学知識をインプットしたりアウトプットしたりするのに絶好の機会ですし、県内のみならず県外の先生とも交流できる良い機会になります。
来年もご依頼があれば、できるだけ続けていきたいと思います。

当直27回。
土曜日の夜を中心に、だいたい隔週で某精神科病院の当直をさせていただいています。
クリニックではひたすら朝から晩まで外来診療なので、入院患者さんの診察をさせていただくことは大変貴重な機会です。
その病院の先生方と顔見知りになれるのも大きいですね。
年末年始の休みの間も、3日間は当直と日直に入らせてもらっています。
年末年始も退院や外泊ができない患者さんも大勢いらっしゃいますので、そういう方々や年末年始も関係なくいつも通り働いている医療スタッフの皆さんと一緒に過ごしたいと思います。

読書209冊。
コロナで図書館が休みの期間があったり、講演の準備で忙しかったりもして、去年より読書量が減りました。
私の唯一の趣味が読書と知っている方から、時々お勧めの本を聞かれたりしますが、なかなか難しいので、年末年始用に図書館で借りた10冊のタイトルだけ列挙します。
これから読む本なので、面白いかどうかわかりませんが、興味のある方はどうぞ参考にしてみてください。
「絶望名人カフカ×希望名人ゲーテ(頭木弘樹)」
「ひとの気持ちが聴こえたら(ジョン・エルダー・ロビソン)」
「密室殺人ゲーム王手飛車取り(歌野晶午)」
「やる気が上がる8つのスイッチ(ハイディ・グラント・ハルバーソン)」
「学び方の学び方(バーバラ・オークレー)」
「キャッチャー・イン・ザ・ライ(J.D.サリンジャー、訳 村上春樹)」
「仕事で数字を使うって、こういうことです。(深沢真太郎)」
「スタンフォードでいちばん人気の授業(佐藤智恵)」
「伝わるデザインの基本(高橋佑磨)」
「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる(Dain)」

その他にも、公的な仕事が諸々あります。
年々忙しくなっているような気がします(年末には患者さんに「先生、大丈夫ですか?疲れてないですか?」と気を使っていただきました)が、来年もコロナに負けずにがんばって参ります。
プロフィール

Dr.yamamoto

Author:Dr.yamamoto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR